映画

事故物件怖い間取り映画芸人の実話って本当?

Pocket

今回は『事故物件映画芸人実話って本当?原作本やあらすじも紹介』というタイトルでお送りします!

皆さんは事故物件に興味はありますか?8月28日に『事故物件怖い間取り』という夏にピッタリなホラー映画が公開されます!

この話は『事故物件住みます芸人の松原タニシさん』が体験した原作本を元にして作られた映画です!

原作本から映画のあらすじまでご紹介して行きます!

 

事故物件映画芸人実話って本当?

今回の映画は『事故物件住みます芸人の松原タニシ』さんの実体験から著書になりました。

なので、全て実話で間違い無いです!

その中には友人の芸人仲間が事故物件に住んで体験したものなど多く取り上げています。

特に多いのがアパートやマンションな気がします。

特に修復後や臭いのたとえなどがリアルで恐怖を感じます。

 

事故物件映画芸人のプロフィールを紹介

松原タニシ

本名 松原高志

生年月日1982年4月28日(38)

血液型 B

出身地 兵庫県神戸市

事務所 松竹芸能

事故物件映画芸人が住んでた場所は?

引用元https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201801_post_15747/

かなり不気味ですね。。

現在は取り壊ししているみたいです。

元々の事件内容は、犯人が中学生くらいの時に、母親を殺した快感が忘れられなくて姉妹を刺殺をした。

『姉妹殺人』場所のようです。。

本当に怖過ぎですね。

 

事故物件映画化することになったきっかけは?

7年前、何も仕事が無かった。

芸人がテレビ番組の『北野誠のお前らいくな』の企画で事故物件に住み始め、その経験がそのまま書籍化され、そしてまさか の映画化にまでされてしまう。

この実話を本にしようと言い出したのも北野監督で映画化を進めたのも北野さんだそうです!

もしかしたら、北野誠さんのは先見の明があるのでは無いでしょうか?

 

事故物件映画原作者のコメントを紹介!

松原:実は中田秀夫監督の『リング』などのホラー映画を、怖くて途中までした見たことなかったんですよ。そんな僕でも面白かったです。

「ホラー映画ってこう見なきゃいけないのかな?」という固定観念が、僕にもあるし、みなさんにもあると思うんですけど。

この映画は、言ってみればプログレみたいな。

どんどん盛り上がっていく曲ってあるじゃないですか。

最初、バラードかなと思ったらロック調になって、最後、オーケストラになってるやん、みたいな。クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」じゃないですけど、ひとつの映画でこんなにもいろんなジャンルが入ってくるんだっていう。そんな映画だなと思いました。

僕、人間椅子というバンドが昔から好きなんです。文学的要素が、文学憧れの少年からしたらすごいグッとくるんですけど。Aメロがあって、Bメロがあって、サビっていう曲じゃないんですよ。ワケのわからん、めっちゃ長いCメロがあったりするんです。人間椅子の7分、8分を超える曲を初めて聞いたときに衝撃を受けて。それの映画版じゃないですけど。あ、こんな展開あってもいいんだ。でもちゃんとまとまってる、という。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

松原:2巻から読んでもわかるようになっています。

もちろん、1巻から読んでもらっても大丈夫ですし。

たぶん、みなさんが思い描いている怪談本とは違う、より身近な話というか。

現実的なイヤな話がたくさん入っているので、楽しんでいただけたらなと。

事故物件に住んでいるタニシさんが、

『ホラー映画も観れなかった。』

とはびっくりですね!

仕事で何故、事故物件に住めたのか不思議ですね?

芸人魂なのか強靭なメンタルがあっただけなのかは分かりませんが・・・。。

事故物件映画原作本のタイトルは?




この本の中で僕が一番気になったのは『地獄巡り』ですね。。
本当に仕事の内容が
  • 事故物件に住む
  • 事故物件で映像を記録する
  • 心霊スポットにいく

など仕事内容がかなりハードなので本当に地獄巡りだなっと思いました。

 

まとめ

 

 

今回は『事故物件映画芸人実話って本当?原作本やあらすじも紹介』というタイトルでお送りしました。

この作品を読んでいた時に思った事は、松原タニシさんのメンタルが非常に強い事と、

体験した事を鮮明に文章にして恐怖に引き込まれる、ある意味自分が体験しているかのような文章力だと思います。

皆さんも、映画公開前に読んでみてはいかがでしょうか?

最後までこの記事を読んでいただき誠にありがとうございました!