テレビ番組

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年!裏の秘話とは?

Pocket

今回は、あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年!裏の秘話とは?というタイトルでお届けして行きます。

皆さんは水曜日に放送されている『あいつ今何してる?』をご存知でしょうか?

その中で、甲子園の春夏連覇を成し遂げた高校は過去7校しかありません…。

10年前『興南旋風』と世間を賑わせた。

名門校の沖縄県興南学園の天才少年がいたのはご存知でしょうか?

その天才少年はなぜ野球選手にならなかったのでしょう?

放送後追記していきますので、見逃してしまった方も是非読んでみてください!

その裏の隠された秘話をご紹介していきます^^

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した高校は?

  • 1962年:作新学院(栃木)第34回・第44
  • 1966年:中京商(愛知)第38回・第48
  • 1976年:箕島(和歌山)第51回・第61
  • 1987年:PL学園(大阪)第59回・第69回
  • 1998年:横浜(神奈川)第70回・第80
  • 2010年:興南(沖縄)第84回・第94回
  • 2012年:大阪桐陰(大阪)第84回・第94回
  • 2018年:大阪桐陰(大阪)第90回・第100回

となっています。

流石野球激戦区の大阪桐陰は二連覇しているんですね?

その中で、あいつ今何してる?は10年前に沖縄興南学園に着目しています。

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した興南学園出身選手は?

■2010年卒
・石川清太(関東学院大—新日鐵住金鹿島)

■2011年卒
・島袋洋奨(中央大—福岡ソフトバンクホークス)
・山川大輔(沖縄電力)
・眞榮平 大輝(明治大—JR東日本)
・我如古盛次(立教大—東京ガス)

■2012年卒
・大城滉二(立教大)
・外間 正伍(東京農大)

■2013年卒
・高良 一輝(九州産業大)
・高良 尚武(東京農大)
・新城 拓(中央大)

この中で一番有名な選手で言うと島袋洋奨選手では無いでしょうか?

では、番組に取り上げられた人物とは誰でしょう?

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年とは?

あいつ今何してる?の天才双子というワードで特定出来ました!

その人物とは当時3年生だった。

国吉大陸弟

国吉大将兄

です。

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年の裏の秘話とは?

甲子園二連覇など世間で話題になった選手はほとんどプロ野球選手になります。

ですが、何故ならなかったのか

番組をまとめてみました!

高校野球の長い歴史の中で、春夏連覇を成し遂げたのはわずか7

その1校が、10年前興南旋風と世間を賑わせた沖縄・興南学園!その立役者となった天才双子兄弟は今?

春夏連覇を成し遂げる程の野球の才能を持ちながら、成績オール5の圧倒的な学力を持っていたという。

しかし「僕は野球選手にはなれない」

栄光の裏に訪れた人生を変えた大きな挫折がそこには、野球マンガさながらの美しい兄弟ドラマが!

引用:番組表

弟は一年生からレギュラーで活躍し

その背中をずっと見てきた兄国吉大陸さん

かなり悔しかったと思います…。

兄は2年の秋にやっとの思いでレギュラーをしますが、当時一つ下の大城滉二さんにレギュラーを奪われてしまいます。

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年!国吉大陸さん裏の秘話とは?

元々かなり才能のあった弟大陸さん

甲子園の活躍が認められ高校生の日本代表選手になります。

ですが、ここで『自分はプロに慣れない…。

と確信します。

その出来事とは

全国から集められた選手の中に山田哲人さんがいました。

その選手の『パワー』『スピード感』全てにおいて圧倒的な力がある選手でした。

この時に『こういう選手がいる中でやれる自信がない。』そう感じた様でした。

ですが、勉強でいくしかないと思った様です。

一日12時間勉強して

現在は、沖縄に戻り公認会計士に合格し父の後をついでいる様です。

あいつ今何してる?名門校が甲子園春夏連覇した天才少年!国吉大将さん裏の秘話とは?

兄の大将さんは自分は元々怪我が酷くレギュラーを少ししか取れず、ずっと悔しい思いをしてきましたが成績が良かった為勉強をするしかない。

と思っていた様でかなり勉強をして早稲田大学社会科学部に入学しその後

現在はJICAに入構し『今この世界で起きている戦争や紛争に自分も貢献したい』と思って活動しています!

まとめ

甲子園の裏でこんなドラマがあるとは凄いですね?

プロになれなかったかもしれませんが、

今後も二人とも圧倒的な努力でそれぞれの道を歩んでいって欲しいですね?

最後まで読んで頂きありがとうございました!